タクシー会社入社前と入社後のギャップについて

タクシー会社入社前と入社後のギャップについて

四月は新入社員が大勢、会社に入ってきます。会社に入社すると最初に新入社員は研修は受けることになります。その結果、会社に就職した人の中には「こんな会社とは思っていなかった」と感じる人も出てきます。理由は入社する前と入社後の会社の対応にギャップを感じるからです。

入社したら誰でもギャップを感じる理由

ちなみにギャップを感じる理由としては幾つかあります。その一つとして仕事の内容が違うという点でしょう。つまり、入社前に聞いていた仕事の内容と入社後、任された仕事に違いがある場合です。ただし、その仕事の内容が自分にとってやりがいを感じられるなら仕事を続ける自信へとつながります。次に配属された部署が自分に合わないという場合です。特にタクシー業界の場合、配属された部署によって変化があります。配属された部署で仕事に満足できるか決まっていきます。さらに入社後に会社にいる人たちの特徴や社員に対する仕事の評価方法などが違うと感じることがあります。

タクシー会社はブラック企業と感じる

タクシードライバーといえば、残業が多そうなイメージがあります。残業が多いというのはそのまま、ブラックにつながると考えるかもしれません。その結果、ブラックだからタクシー運転手にはなりたくないという考えになります。実際、タクシー業界はブラックなのでしょうか。イメージだけで決めつけていませんか。それは大きな間違いです。何故なら、タクシー会社の労働時間は、厚生労働省によって厳しく管理されているからです。違反した場合は厳しい罰則が待っています。つまり、そういう意味でのブラックは存在しないと言い切れるでしょう。さらに拘束時間も最長で21時間以内と決められています

メリットを考えてから入社したい

どんな仕事でもメリットとデメリットがあります。タクシードライバーの場合、運転免許があれば誰でも始めることができます。業務中は個人なので、同僚や上司との関係に悩むリスクが低くなります。免許があるのが唯一の入社する資格なので、長く勤められます。つまり、一般の会社にある定年が存在しません。ただし、勤務時間が一般の会社より長くなる場合があります。例えば、隔日勤務の場合は、その分1日の勤務時間が長くなります。個人での業務なので、上司や同僚のトラブルが低い分、接客業での客へのトラブルが高くなります。タクシー会社に入社した人の中には会社の説明会などで良さそうな印象を受けた人も大勢います。そういう人の場合はどうしても入社後、ギャップを感じる可能性が高いでしょう。

まとめ

世間的なタクシードライバーのイメージはあまり、いいモノではありません。そのイメージを払拭するために各会社は変革を考えています。変革をしていても各会社によって対応が違うのでどうしても、ギャップを感じてしまいます。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP