みんなが抱えているタクシー転職への不安ベスト5

みんなが抱えているタクシー転職への不安ベスト5

タクシー業界は「ノルマがきつそう」だとか「勤務時間が長そう」といったマイナスイメージを持たれることが多い職種です。しかし、よく調べてみると、若い人からシニア層、女性まで幅広い条件の人が働きやすい職場であることがわかります。

給料形態や勤務時間は自分好みに選べます

記事のイメージ画像

タクシー業界への転職で不安なことの5位は、「お給料がたくさんもらえるのか」という悩みです。会社の雇用条件にもよりますが、月給制で正社員として働く人も多く、また経験が豊富なドライバーは歩合制でたくさん稼ぐ人もいます。乗務員の経験に合わせて給料形態が選べるのがタクシー会社が多いので安心です。また、不安なことの4位に「勤務時間が長いのでは」ということも挙げられますが、これもドライバーの希望の勤務時間で働けるので安心です。例えば、夜中にたくさん稼ぎたい人や日中だけ働きたい人など、幅広い条件の人が働きやすい職場であることがわかります。タクシーは特殊な業界ですが、転職を考える人にもおすすめの就職先です。

教育制度がしっかりしているので初心者でも安心

タクシー業界の不安なこと3位は、「初心者や地理に詳しくなくても大丈夫か」という点です。もちろん、その土地に詳しい方が喜ばれますが、ドライバーの教育体制もしっかりとしているので、初心者や若い人など幅広い条件の人が働きやすい職場働きやすい職種と言えます。不安なこと2位は「ノルマがあるんじゃないか」という悩みです。雇用形態にもよりますが、月給制で毎月決められたお給料をもらっているドライバーもいるので、ノルマが心配な人も安心できます。例えば、最初は月給制でドライバーとしてのコツをつかみ、慣れてきたら歩合制でガッツリ稼ぐことも可能です。高収入を狙いたい人へのアドバイスももらえるので、前職の給料が不満で転職を考える人にもおすすめの就職先です。

年代性別問わず特技を生かせる仕事です

タクシー業界への転職で不安なこと第1位は、「女性やシニア層でも働けるのか」という悩みです。実は、女性ドライバーは女性のお客様からの指名が多く、大変喜ばれる人材となっています。この背景には、妊娠中の女性が病院に行く際にタクシーを利用したり、飲み会の帰りに女性がタクシーを利用したりと、女性の利用客が増えている現実があるようです。また、定年後の転職先としてタクシードライバーになる人も多く、幅広い条件の人が働きやすい職場と言えます。最近では、外国人観光客が増えていることから、英語が話せるドライバーも重宝されており、運転以外のスキルを持った人が求められています。年齢や性別を気にせずに転職を考える人にもおすすめの就職先と言えます。

まとめ

タクシー業界は特殊な業界ですが、幅広い年代や性別、様々な特技を持った人など、幅広い条件の人が働きやすい職場と言えます。初心者でも働けるように教育体制が整っていたり、給料形態も様々であることから、自分好みの働き方ができるのも魅力の一つです。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP