タクシー会社入社後の流れとは

タクシー会社入社後の流れとは

転職先としてタクシー会社を選んだ際、入社後にどんな流れで就業をすることになるでしょうか。知っておくと転職の際に安心をすることができます。ドライバー未経験者でも仕事ができる環境になっているのでしょうか。

就業をする前に必要になることを知っておく

タクシー業界に転職をした際、すぐに乗務をするわけではありません。入社後、研修を受けた上で乗務をすることになります。その研修にはどんな流れがあるのでしょうか。各社で違いはありますが、ほぼ似たような感じなので、チェックをしておくとよいでしょう。大抵の場合、入社後20日から30日の研修を行います。この研修の間に出来るだけ多くの場所を覚えることになります。病院や駅、観光地であれば観光地までの道のりなどをしっかりと頭に入れます。せっかくタクシーを利用したのに場所が分からないということになってしまうと困るからです。

研修でも試験を課すところもあります

タクシー会社に入社後、もっとも大切なのが二種免許の取得です。この免許がなければ業務を行うことができません。資格取得ができた時点で本格的な研修に入るという会社も多いです。また試験を課す会社もあります。主に地理に関する試験ですが、すぐにでもお客さんの目的地が思い浮かばなければ、その場所に行くことができなくなってしまいます。この地理の知識というのはとても大切です。また最近では様々な人が利用をするということもあるので、救急に関する試験も課すことがあります。何かあった時にすぐに処置をすることができるようにしておく、ということです。

マナーなどの一般常識を習得する

タクシーを利用した際に、運転手が愛想悪い人だったら、なんとなく残念な気持ちになってしまう、という人は多いです。マナーや常識を知らなければ、お客さんにも不愉快な思いをさせてしまうかもしれません。そうならないようにマナー研修も行う会社も増えています。流れとしてはマナー研修が乗務をする前の最終段階と言えるでしょう。中には護身術を習得させるところもあります。安全に走行をさせるためには、命を守る方法を研修で行うということもあります。また研修中の給料に関しては各社で違いがあります。中には1日1万円が手当として支給されるところもあります。

まとめ

タクシーの運転手未経験であっても、研修を行うから安心をして就業をすることができます。研修も多岐にわたっているので、1人で乗務をしてから困るようなことがないように配慮されているという会社もとても多いです。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP