入社後の講習内容について

タクシー入社後の講習内容について詳しく知りたい

タクシー会社に入社後にはすぐに運転できるわけではありません。講習が待っていて、終わらないと営業運転ができないので注意しないといけません。資格があれば資格分は短縮されますが、接客などはその都度会社ごとに行われます。

免許を持っていないときは免許取得が必要

自動車の運転をするときは免許が必要です。車の大きさなどによって必要な免許が決まっていて、普通乗用車であれば普通免許あれば運転できます。しかしこれは第1種免許といわれ、旅客扱いとなるタクシーの運転はできません。運転をするには、第2種免許を取得する必要があります。そのため、入社時点で第2種免許を持っていないのであれば入社後に第二種免許のための講習を受けることになります。こちらは外部の機関を利用するのではなく社内で行われることが多いです。普通に受けていればそれなりの期間で取得に必要な技術は身に付きます。もちろん取得できなければ旅客のための運転はできません。

地理試験に合格するための対応が必要

車の運転をするとき、行き先に行くには目的地までの道路を知っておく必要があります。主要なところであれば道路標識などに書いてくれていますが、細かい地域までそれで行けるわけではありません。最初は地図を見ながらですが、何度も行っていれば覚えられるでしょう。タクシー運転手は、お客さんを載せてお客さんの希望する目的地に行く必要があります。そのために道路状況を把握する必要があります。地域によって異なりますが、地理試験が行われる所があり、試験に合格しないと仕事ができません。入社後の講習として、営業区域の地理に関する勉強があります。別の地域の人でも、それなりに仕事ができるようになります。

接客等に関する対応方法を学ばないといけない

普段自分で自動車に乗るとき、安全確認などを行って乗ります。家族や知人を乗せる時はどうするかですが、丁寧に扉を開ける人もいれば、勝手に乗るように指示する人もいるかもしれません。下りる時も同様です。タクシーの運転手をする上で、勝手に乗って、降りてではとても仕事になりません。入社後に行われる講習として接客に対する方法を学びます。お客さんはいろいろな利用のされ方をします。駅などで待っているお客さんもいれば、道路で手を挙げて止めるお客さん、予約などで所定の場所に行って乗せるお客さんもいます。色々なパターンに対応できるようみっちり教えられた上で初めて営業運転ができます。

まとめ

タクシー会社に入社後はすぐに仕事ができるわけではなく講習を受けます。免許がない人は2種免許が必要ですが、それ以外の人も地理や接客に関する内容を学ぶ必要があります。経験がある人も、その都度受けるのが一般的です。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP