タクシー入社後の最初のシフトは?

タクシー入社後の最初のシフトは?

タクシードライバーの仕事は経験が大事で、いきなりベテランのように運転できるわけではありません。入社後のシフトとしては、無理のない時間から少しずつ慣れていけるようになっています。希望に沿って時間を決めてくれるところもあります。

仕事に慣れるまでは無理のない勤務時間

会社に入社して研修を終えれば、一応は会社としては戦力になります。ただ仕事の基本はわかっても細かい対応などができるわけではありません。少しずつ仕事をしながら覚えていく部分もあるでしょう。タクシーに入社後には最初にどんなシフトで仕事をするのか気になるかもしれません。仕事に慣れるまでは無理のない勤務時間で行います。よくあるのが隔日勤務などですが、一般の人がいきなり行うのはつらいかもしれません。そこで昼間を中心にした勤務から始められるところがあります。実際に車を走らせてお客さんを乗せればそのうち仕事に慣れてきます。その後にいろいろなシフトで仕事をすればいいでしょう。

自分の希望した時間での仕事ができる

タクシードライバーになる目的は様々です。自分の判断で自由に仕事ができる面であったり、働き方によって給料が高くなったりするところも人気の理由です。入社後のシフトに関しては、自分の希望に応じた時間で行えるところがあります。女性であれば、平日の昼間を希望する人がいて、夜の勤務などがない仕事もできます。一方深夜などを多くする勤務もあります。深夜は割増賃金が多くなるので、同じ時間働くのであればお得といえるでしょう。会社側が一方的にどの時間に働いてくださいと言ってくることはあまりないでしょう。まずは希望を聞いてくれて、それに合わせて仕事の配分をしてくれます。

小さい会社だと会社が決めた時間に勤務がある

タクシー会社には規模があり、小さい会社などは営業所が一つでそこに本部もあるところがあります。他の会社に比べればドライバーも車もありません。でも営業をしないと利用してもらえませんから、できるだけ効率的に車が走れるようにしています。入社後に与えられるシフトとしては、会社が決める時間で乗車しなければいけないところがあります。それぞれが自由に決めると、ある時間に集中してしまって、別の時間に車が走らないなどが出てくるからです。勤務時間が要相談になっている会社などは、希望を聞いてもらえる可能性がありますが、すべて聞いてもらえるわけではないので注意しないといけません。

まとめ

タクシー会社に入社後にどんなシフトでの仕事になるかですが、自分が希望する時間での仕事が多くなります。事前に希望を出して置き、その他のドライバーとの兼ね合いなどを調整しながら決めてもらえます。最初は楽な時間になることもあります。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP