タクシー入社後の一日の流れとは

タクシー入社後の一日の流れとは

タクシー会社に入社後にどんな一日の流れになるか興味があるかもしれません。旅客業務はもちろんですが、その前や後に車両の点検や洗車が必要になります。安全に運転するため、お客さんに気持ちよく利用してもらうために必要になります。

所定時間までに出勤をして車両の準備などをする

仕事をするとき、出社時間や退勤時間が決められています。決められた出勤時間までには出勤し、その後仕事の準備などを行います。タクシー会社に入社後も同じで、一日の流れとしては所定時間までに出勤をします。慣れないうちは早めに出勤をした方がいいでしょう。出勤時間の打刻や飲酒に関するチェック、さらに点呼などを受けてその日に仕事ができる状態であることを確認します。その後に車両の点検を行ってから実際の勤務になります。その日に乗る車両は常に同じ車両と限りません。毎日異なるときもあるので、決められた基準通りに使えるかどうかをチェックします。必要な備品やお釣りなどを用意して出庫します。

業務によってドライバーとしての仕事をする

タクシー会社に入社後にどんな一日の流れになるか気になるかもしれません。一般的なドライバーのメリットとして、自分の裁量でできる部分が多い点があります。ただ、それぞれの業務によって異なります。出庫後は、業務に応じた仕事を行います。ハイヤーなどなら、契約をしている顧客の自宅などに行き、その日の予定をこなしていきます。一般のドライバーは、客待ちや流し等をしながら自分でお客さんを見つけます。その他無線からの連絡によって予約客の対応をすることもあります。勤務時間は人によって異なりますが、勤務時間に応じて途中で休憩を取りながら仕事をこなしていきます。

勤務が終われば洗車した上で売上精算を行う

記事のイメージ画像

タクシー会社に入社後の一日の流れとして、業務の終了などはどうなっているかです。よほどのことがない限り残業などはなく、決められた時間になったら営業所などに戻ります。戻ってきて行う業務として、乗車した車の洗車と点検があります。次に乗る人が洗車をしなくてもいいように細かい汚れにも気を使いながら落とします。またその日の乗車で問題などがなかったかの点検をしておきます。洗車が終われば売上金の精算を行う必要があります。乗車して得た売り上げは会社の売上であり自分自身の給料などではありません。もちろん売り上げを多く上げればそれに応じて給料が上乗せになるときもあります。

まとめ

タクシーに入社後にどんな一日の流れになるかですが、出勤して勤務して終わるになります。ただ車を使う業務になるので、車に関する業務が多くなります。点検をしたり、お客さんを乗せたり、洗車なども行う必要があります。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP