タクシー入社後に地理試験があるって本当?対策方法

タクシー入社後に地理試験があるって本当?その対策方法とは

タクシー会社に入社後に地理試験に合格しないと仕事ができない時があります。その地域の地理を理解しているかを問われる試験で、細かい内容が出題されるとされます。合格率はそれほど高くなく、それなりの対策が必要になります。

所定の地域で運転業務をするときに必要になる

今はカーナビゲーションシステムがあるので、地図を覚えなくても地図が無くても目的地に行けます。最初に目的地を設定してナビが教える通りに行けば目的地に着いています。ただ、ナビ頼りだとほとんど道路状況を把握していない人もいるかもしれません。タクシーの会社に入社後には地理試験が必要になるときがあります。現在は東京と大阪と神奈川県の一部の指定地域で実施されていて、合格しないと業務ができないので必ず試験を受けて合格しなければいけません。試験合格が必要な地域を営業区域にしている会社では講習を行ってくれます。もちろん自分で勉強する必要もあります。知らない地域で仕事をする人は特に注意しましょう。

試験にはどんな問題が出て合格率はどれくらいか

何らかの試験を受ける時、どんな出題がされるのかを知っておかないと対策の仕様がありません。合格率が高ければ軽い気持ちでも受けられるでしょうが、低い試験だとかなり気合を入れないといけないでしょう。タクシー会社に入社後に行われる地理試験においてはどんな出題がされるかですが、道路や名所や駅に関する問題になります。お客さんからいろいろな場所を聞かれるので、そこに行くのに効率的な道路を使って行く必要があります。それを試す試験になります。問題は40問あり、合格率は50パーセント位とされます。半分しか合格できないので決して簡単な試験ではありません。しっかり対策する必要があります。

過去の出題例を参考に知識を詰め込んでいく

タクシー会社に入社後、地域によっては地理試験に合格しないといけません。会社で対策をしてくれますが、自分なりにも勉強しないといけないでしょう。地元の人と地方の人とではそれなりに対策方法が違うかもしれません。出題内容はそれなりに細かい内容になっています。普通に生活で車を使っている地元の人でも簡単に答えられるものではないとされます。地元の人も地方の人もしっかり対策をしなければいけません。過去の出題傾向を知っていると、出題のポイントが分かります。出題されやすい地域や場所などがあれば、それらを徹底的に覚えるようにすればいいでしょう。問題集などは試験を実施する団体が発行しています。

まとめ

東京などの大都市においてタクシーの運転手をするとき、入社後に地理試験に合格しないといけません。難易度がそれなりに高いので、会社の講習を受けたうえで自分なりに過去問題を解くなどの対策をしないといけません。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP