タクシー入社後の研修内容が知りたい

タクシー入社後の研修内容が知りたい

タクシードライバーは現在も人気の職業ですが、入社後すぐにプロとして乗務を開始できるわけではありません。入社後には研修や試験を受け、それにクリアして初めてプロとして活躍できるようになります。志しているなら、各社で行われている研修の中身をある程度把握しておくと良いでしょう。

未経験なら二種免許の取得から始まる

記事のイメージ画像

各社独自の研修制度を設けていて、それぞれで中身は変わってきます。ただ、多くは座学や実地講習による手厚い研修を実施しており、タクシードライバーに必要なスキルを、知識とテクニックの両面から学んでいけます。また、地理試験が必要な地域であれば、試験対策も行ってくれます。そして、タクシードライバー未経験の方なら、二種免許の取得についても気になるところでしょう。未経験の方に対しては、入社後二種免許の取得から始まるので入社時に持っていなくても問題ありません。まずは教習所に通い、講習と試験を受けて取得する流れとなります。

都市部では地理試験対策が設けられる

東京や大阪など、特定の都市部では地理試験が定められており、これに合格しなければ営業を開始することはできません。試験が求められるエリアでドライバーを志すなら必ず受けることになるため、都市部の場合入社後は地理試験対策を中心とした研修が開始されます。地理試験対策では営業するエリアの地理をしっかりと頭に入れていくことが基本となります。地理試験は各エリアのタクシーセンターで受けることになりますが、4日間の講習が設けられていて、最終日に試験が実施されます。確かな試験対策を行っているタクシー会社であれば、土地勘が全くない方でも合格することが可能です。

社内研修で現場レベルのスキルを習得

地理試験に合格すると、現場で求められる知識やスキルを習得していくことになります。社内研修は各社が独自で設けている座学や実地講習が行われます。座学では法律やタクシー業界のルール、接客対応などの講義が展開され、プロの心構えを学んでいきます。実地講習では、お客さんを想定して実際にエリア内を走行していきます。同乗教官がお客さん役を務めながら実践的な対応を繰り返していくため、乗務を開始する頃には安定したスキルが身に付いています。内容や期間はそれぞれで違ってきますが、どこも確実なスキルが身に付くよう厳正に行っています。

まとめ

入社後からプロとして乗務するまでにはいろいろな研修を受けていかねばなりませんが、しっかりと身に付ければ確実な対応ができるようになります。各社研修中でも手厚い給与保証を行っているので、集中して励めるでしょう。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP