世代別、タクシー転職をした人の理由とは

世代別、タクシー転職をした人の理由とは

今の仕事を辞めて、新たにタクシー会社でタクシー運転手として働きたい人にとって、転職する前に欲しい情報は今現在転職して働いている人の理由でしょう。その理由を知ることにより安心してタクシードライバーとして働けますが、どんな理由があるでしょう。

世代によって転職の理由はさまざま

どの業界でも言えることですが、タクシー会社への転職理由は世代によって大きく変わってきます。まず、若い世代ではどんな理由からタクシー会社へ転職をすることになった人が多いのでしょう。どんな業界でも、転職しやすい年代は若い世代になります。20代、30代あたりならこれからバリバリと働いていける世代です。その若い世代は頑張った分だけお給料をもらえることドライバーテクニックに自信があること等が大きな理由でタクシー業界に転職しています。やはり、若い世代はバリバリ働きたい世代なので、自分がいかに努力して頑張っていけば、頑張った分だけ多くのお給料をもらえることに魅力を感じています。そして、反射神経も若い方がレベルが高いですから、自分の運転に自信がある人が多いです。

中年世代の考え方はまた違います

40代になると、ある程度の期間において社会で仕事をしてきた人々です。この年代の人々がタクシー運転手への転職を希望するのは、次へのステップアップのため子供がお金がかかる年齢なので稼ぎたい等によって今までいた業界からこの業界へ移る人が多いです。先ほども20代、30代でも頑張った分だけきちんとお金をもらうことができる点では一緒ですが、20代、30代ではお金を稼いで将来のために貯蓄したい人が多いのに対して、40代になるとすでに子供にお金がかかる生活をしているため、本当に稼がないといけないという切羽詰まった状況です。精神的な部分で余裕のある20代、30代とは違って40代はかなり厳しい状況での転職と言えるでしょう。この厳しい状況を救ってくれるのがタクシー運転手の仕事です。

50代以降はまた違った感覚です

50代であれば、40代と同じように生活していく上でお金のかかる世代ですから、頑張った分だけ稼げるからという理由で仕事をしたいと考えている人は少なくありません。しかし、60代になってくると今までの会社が定年になっている人が多いです。60歳定年の会社もありますし、どんなに頑張っても一般的には65歳定年です。ですから、この世代は定年後の第二の人生の出発のためにここで働きたいという人が増えます。昔の時代の60代と今の時代の60代では大きく違います。今の時代ならまだまだ60代は働き盛りといっても過言ではありません。そして、頑張った分だけお給料をもらえるので、老後は楽な人生をおくりたいのでもうひと踏ん張りしたい人は多いです。

まとめ

年代によってタクシー運転手へ転職したい人の理由は異なります。若い世代はとにかく頑張った分だけ稼ぎたい人が多いですが、年を重ねれば重ねるだけ求人情報量も少なくなります。しかし、タクシー業界は多くの求人があり年代も門戸が開かれています。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


▲ ページTOP